ポークビンダルー|インドカレーの作り方

ポークビンダルーは、ポルトガル人が考えたワインとニンニクに肉を付け込んだ料理が元になっています。その料理を元にスパイスを加え、辛味と酸味たっぷりのカレーです!


 

 

 

ポークビンダルーの特徴

インドのゴアにもたらされた、もともとポルトガルから来た料理です。ポルトガルではポークにワインビネガーやニンニク等をたっぷり漬込んでから煮込んで作りますが、これはさらにたっぷりのスパイスやレッドペッパーを加えてアレンジされています。

材料

野菜・肉など

 

豚肩ロース 500g
サラダ油 大さじ3
400ml
青唐辛子 1本

 

[マリネ用]
玉ねぎ 1/2個
にんにく 大さじ1(すりおろし)
生姜 大さじ1(すりおろし)
ワインビネガー 大さじ5
白ワイン 大さじ1
ココナッツミルク 大さじ2
砂糖 小さじ1

スパイス

[ホールスパイス]
マスタードシード 小さじ1
レッドペッパー 8本
カルダモン 5粒
クローブ 5粒
ブラックペッパーホール 小さじ1
シナモン 1本

 

[パウダースパイス]
小さじ1
レッドペッパー 小さじ1/2
パプリカ 大さじ1


作り方(約25分)

1. 下準備

豚肉を一口大に切っておき、玉ねぎはざく切りにしておきます。

マリネ用の材料、ホールスパイスをミキサーに入れペーストにします。

豚肉をペーストにつけ込み、冷蔵庫で3時間〜1晩おいておきます。

2. 炒める

鍋に油を熱し、つけこんだの豚肉をマリネ液ごと加えて炒めます。

火が通ってきたらパウダースパイスを入れます。

豚肉の表面が色づいたら水を加えて煮立て、蓋をして30分ほど煮込みます。

3. 仕上げ・完成!

塩で味を整え小口切りにした青唐辛子を散らします。

ワインビネガーの酸味とレッドペッパーの辛みが食欲を増してくれる一品です。ご飯とも相性がよいです。
是非試してみて下さいね!

 


               
レシピに使用したスパイスはこちら

 

いいね!で新着レシピを
facebookに通知しよう

4772