一番古いカレーレシピ!125年前のブリティッシュカレー

今回は文献から見つけた125年前のブリティッシュカレー!恐らく現存するカレーレシピで一番古いでしょう。
こちらを作っていきます!

 

125年前のブリティッシュカレーの特徴

約125年前のイギリスのレシピを参考にブリティッシュチキンカレー

いろいろなレシピがあるけどこれはベッサン(ひよこ豆の粉)を使ったレシピ。ポイントは、メインの具材に余ったお肉を使っていること。

週末に作ったけど食べきれなかったローストチキンやスペアリブなどを具材に、スパイスが効いたおいしいカレーにリメイクしてしまうというなんとも豪快なレシピです。もちろん、ご家庭で作る場合は普通の生のお肉から作ることもできますよ。

 

材料(4人分)

野菜・肉など

とり肉 400~500g
玉ねぎ 1個
にんにく(おろし) 大さじ1
生姜(おろし) 大さじ1
レモン汁 小さじ2
大さじ2~3
600ml

スパイス

 

ベッサン 小さじ3
カレーパウダー 小さじ5
ガラムマサラ 小さじ1
チャツネ 大さじ1
小さじ1.5

作り方

1. 玉ねぎを炒める

温めたフライパンに油を入れ強火で玉ねぎを炒める。

飴色になったらニンニク、生姜を加え香り落ち着くまで炒める。

 

 

2. パウダースパイスを加える

火を弱火に替えベッサン粉とカレー粉を加えて炒める。

全体的にねっとりするまで炒めます。

 

3. 具材を入れて煮る

すこしづつ水を加えながら炒めていく。(スープ状にならないように気をつけながら)

チャツネ、ガラムマサラ、レモン汁、塩を加えて弱火で5分煮込む。

お肉を加え15分弱火で煮込む。

 

4. 仕上げ・完成!

油が浮いてきたら完成です!

 

 

 

お皿に盛り付けて、125年前のブリティッシュカレーの完成です。

 

125年前のイギリスのレシピではスイートマンゴチャツネと書いてありましたので、蔵出し酵母チャツネを使いました。
ぜひ、この味を体験してほしいレシピです。


レシピに使用したスパイスはこちら

 

いいね!で新着レシピを
facebookに通知しよう