暑い日に食べたい。ミョウガと大葉のアチャール

自宅で簡単に本格的なインド料理が作れる、メタ・バラッツ考案のレシピ。
今回は超簡単に出来るレシピを紹介します。スパイスから作るミョウガと大葉のアチャール!

 

ミョウガと大葉のアチャールの特徴

作る難しさ :★☆☆(下準備なし)
かかる時間 :★☆☆(約5分で完成!)
材料の種類 :★☆☆(基本のスパイス+マスタードシード+パプリカ)

アチャールとは、いろいろな野菜を香辛料やお酢で味付けしたもので、インドやネパールでは定番かつ家庭的な料理です。食材や作り方では常温1年以上保存可能なものもあります。アチャールのレシピは、簡単でシンプル。しっかり塩気を聞かせれば保存食にも。そのまま食べてもいいですし、カレーと混ぜて食べれば少し味も変わるので、またカレーがおいしくなります。

 

材料

野菜など

ミョウガ(スライス) 4,5本
大葉(千切り) 5、6本
パクチー(ざく切り) 1束
油(あればマスタードオイル) 大さじ3
レモン汁 大さじ2

 

スパイス

ホールスパイス [左から]

フェネグリーク(またはメティ)(ホール) 小さじ1/2
マスタード(ホール) 小さじ1
レッドペッパー(ホール) 3、4本

パウダースパイス [左から]

コリアンダー(パウダー) 小さじ1
レッドペッパー(パウダー) 小さじ2
パプリカ(パウダー) 小さじ1
小さじ1強

作り方(約5分)

1.下準備

(保存食にしたい方は)蒸気消毒した瓶を用意しておきます。

2.スパイスを炒める

フライパンに油を温めマスタードシードがパチパチするまで炒める。

マスタードシードのパチパチが収まったら火を消し他のホールスパイスを加える。

油の温度がパウダースパイスを入れてもこげない程度に落ちたらパウダースパイスと塩を加える。

3.材料を加える

火をつけてミョウガとパクチーを加える。


ある程度火が通ったらレモン汁と大葉を加えさっと炒める。

4.仕上げ


お皿にもって、完成です。

ぜひ作ってみてくださいね!


レシピに使用したスパイスはこちら

いいね!で新着レシピを
facebookに通知しよう

5171

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。