チキンニハリ スパイスレシピ#159

自宅で簡単に本格的なインドカレーが作れる、メタ・バラッツ考案のレシピ。

今回はチキンニハリ

チキンニハリの特徴

作る難しさ :★★☆(簡単に作れます)
かかる時間 :★★☆(45分)
材料の種類 :★★☆(すべてパウダースパイスでつくれます)

ムガール帝国の時代のオールドデリーが発祥と言われています。

「ニハリ」の名前はナハール(=朝ごはん)という言葉から生まれています。
なので前日の夜から調理を始め、一晩煮込みます。
(もちろん今回は45分程度で作ります)

王様がお祈りが終わった後に、クルチャというパンと一緒に食べる朝ごはん。
1947年のインド独立の際に、デリーに住んでいたムスリムの人はパキスタンのカラチに移住しました。
よってこのニハリは今ではパキスタンの料理として知られています。

ビーフやマトンが使われていましたが、今はマトン、バッファローが使われます。
デリー・ラクナウ・ハイデラバードなどムスリムの影響が強い地域では今でも食べれる料理です。

今回は手に入りやすいチキンで作ります。

材料

野菜・肉など

とり手羽元

10本

玉ねぎ(スライス)

1個

トマト(さいの目)

2個

おろしにんにく、生姜

各大さじ1

200ml

1カップ

小さじ2

スパイス

[パウダースパイス]

レッドペッパー(パウダー)

小さじ2

フェンネル(パウダー)

小さじ1

コリアンダー(パウダー)

小さじ1

クローブ

小さじ1

シナモン(パウダー)

小さじ1

アムチュール(パウダー)

小さじ1

パプリカ(パウダー)

小さじ1

ジンジャー

小さじ1

ブラックペッパー(パウダー)小さじ1
スペシャルがラムマサラ小さじ1

作り方(約40分)

1. 下準備をする。

玉ねぎをスライスしておき、フライパンにたっぷりの油をそそぎ、180度程度まで熱したらそこに加える。

目安はゴールデンブラウン!色が変わるまで揚げます。

キッチンペーパーなどにうつしてほぐしておく。

1. ニハリを作る

玉ねぎを取り除いた油に、にんにく、しょうがを加えます。

火が通ったらトマトを加えて形がなくなるまで煮込みます。

鶏肉、パウダースパイスと塩を加え、なじませます。

しっかりなじんだら、フライドオニオンを加えます。

水を加え約30分煮込み、仕上げにガラムマサラを加えます。

お好みで小麦粉やアター(全粒粉)を水に溶かし、とろみをつける。

 

3. 完成

お皿に盛りつけて完成です。是非試してみて下さいね!

レシピに使用したスパイス

レシピに使用したスパイスはこちら

レシピ/商品はいかがでしたか?

星を選んで評価してください。

平均 5 / 5. 評価数 1

まだ評価はありません。ぜひ最初のレビュアーになってください!

ご期待に添えず申し訳ありません。

今後のために、ぜひ改善点・ご要望をお知らせください。