ニルギリチキンカレー|インドカレーの作り方|スパイス・レシピ

自宅で簡単に本格的なインドカレーが作れる、メタ・バラッツ考案のレシピ第三弾。
ホウレンソウを使った、南インドのニルギリチキンカレー

 

ニルギリチキンカレーの特徴

ニルギリは南インドのタミルナードゥ州の高山地方の名前です。サンスクリット語で「青い山」という意味で、紅茶やホウレンソウの産地として知られています。
今回はこのホウレンソウを使い、カレーを作ります。日本でよく目にする北インドの代表料理、こってり濃厚なサグカレー(ほうれん草のカレー)とは一風違った、酸味が聞いたさっぱり爽やかなニルギリ風のホウレンソウカレーをご賞味ください。

材料

野菜・肉など

鶏もも肉(一口大に切る) 500g
トマト(賽の目切り) 1個
玉ねぎ(みじん切り) 1個
100ml
サラダ油 大さじ2
ニンニク(おろし) 大さじ1
生姜(おろし) 大さじ1
生姜(千切り) 少々

スピナッチ・ペースト

ホウレンソウ 200g
コリアンダーリーフ
(パクチー)
ざっくり刻んで1カップ分
青唐辛子 1個
100ml

スパイス

[スピナッチ・ペースト用スパイス](上段左から)

フェネグリークシード 小さじ1
白ごま 小さじ1
カスーリメティ 5g
コリアンダーパウダー 小さじ1
※写真に写っていません
[パウダースパイス](中段左から)

ターメリック 小さじ1/2
コリアンダー 小さじ2
クミン 小さじ1
レッドペッパー 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1/4
小さじ1
[ホールスパイス](下段左から)

カルダモン 3~5粒
ローリエ 1枚
ブラックペッパー 小さじ1

作り方

1. スピナッチ・ペーストを作る

鍋にたっぷりの水を沸かし、ホウレンソウをゆでます。

フェネグリークシードと白ごまを鍋に入れ、弱火で香りが出てキツネ色になるまで炒めます。

ホウレンソウ、炒めた白ゴマとフェネグリークシード、コリアンダーリーフ(パクチー)、カスーリメティ(フェネグリークリーフ)、コリアンダーパウダー、青唐辛子、水を全てブレンダーに入れ、ペーストになるまでかけます。

2. ホールスパイスを炒める

温めたフライパンに油を熱し、カルダモン、ローリエ、ブラックペッパーを加えます。

カルダモンがプクッとなってきたら、玉ねぎを加えて強火で炒めます。

玉ねぎがあめ色になったら、おろしニンニク、おろし生姜を加えます。

ニンニク、生姜の香りが出てきたら、トマトを加え水分が飛ぶまで炒めます。

トマトの水分が飛んだら、パウダースパイス(ターメリック、コリアンダー、クミン、レッドペッパー、ガラムマサラ)と塩を加えます。

全体的にねっとりするまで炒めます。ここで味が決まるので、ヘラを動かしても水分が出てこない状態まで水を飛ばします。

鶏もも肉を入れ、火が通ったら水(約100ml)を足します。

全体的に混ざったら、スピナッチ・ペーストを加え混ぜ合わせます。

生姜の千切りを加えて、出来上がり!
見た目はカレーっぽく見えないかもしれませんが、酸味と苦みがとても良いバランスのカレーです。

 

ぜひ作ってみてくださいね!


レシピに使用したスパイスはこちら

 

いいね!で新着レシピを
facebookに通知しよう

2108